2017-05-09

こんにちは。

昨年6月に新装版(第3刷)として発刊した言霊百神。

 

後に続く言霊精義、言霊開眼との言霊学シリーズの中の

バイブル的存在として、みなさまにも親しまれています。

 

出版社にいる私がこんなことを言うのはいかがなものか、

とお叱りを受けそうですが…

 

この言霊百神(以下「百神」とさせていただきます)。

大事に大事に懐で温めてはいたものの、なかなか頭の方

にまでは到達しておりませんでした。

 

読もうとするのですが、頭になかなか入ってこない。

読んでいると、なにか、とっても「かたい」という

感覚があったのです。

 

それは鉄で出来た、両手でやっと抱えられるほどの大きさの、

正方形のかたくて重い物体、のような。

 

イメージしても、それが頭に入るとは到底思えないのですが、

そのようにしか受け取れなかったのです。

 

それが!

ある時から、変わったのです。

 

気づいたら変わっていたので、いつなにがどう変化した

のかを表現するのはとても難しいのですが、

きっかけは、百神の著者である小笠原孝次先生の

別の書物を読んだことでした。

 

その内容について、私はとても興味があったので、いつか

読みたいなぁ、と思っていたのです。

 

ある時それを読み始めることになり、一心不乱に、とまでは

いきませんが、「知りたい!」という私の欲求が大きかったので、

「これはどういうことなんだろう?あれは何なんだろう?」

という興味のままに、読み進めていきました。

 

その本には、所々に、

「言霊百神の原理を理解することが必須である」

という言葉が出てくるのです。

 

「やっぱり百神かぁ~…(-_-;)」

とは頭で思いながらも、百神まではなかなか手が

伸びなかったのです。

 

けれども読み進めるうちに、知りたいことがより多く、

より深くなってきて、いつの間にか私の欲求が百神に

向いたのです。

 

そうして百神を読み始めると、まるで同じ書物を

読んでいるとは思えないほど、ずっと興味がわいた

ままに読み進めていました。

 

あの頃抱いた堅物はもうおらず、そこに書かれている

文字たちと、スッと同調しているような、

一緒にスキップをしているような、そんな感覚で

いられるのです。

 

それはまるで、文字を読んでいるというよりは、

音楽を聴いているような、自然と自分の中に入ってくる、

そのような感覚なのです。

 

そんな話をスタッフとしていたら、

「やっぱり左脳じゃなくて、右脳で読むんだよね~。」

と言ったのです。

 

一瞬「えっ?!」と思いましたが、言わんとすることは、

自分のその体験からも納得するところでした。

 

言霊百神。面白いです。