2017-06-22

みなさま、こんにちは。
本日もありがとうございます、ワキノコビトでございます。

コチラ、ご覧になってください。

これ、なあに?

歯医者さんなどでご覧になったことがあるかと思います。
この名称、みなさんご存知ですか?

こちら、「ワンタフトブラシ」といいます。
「フロス」といわれる糸ようじが歯と歯の間をお掃除する一方、
こちらは、複雑に入り組んだ歯にまで毛先を届かせることが
できるブラシです。

って、歯ブラシの営業ではないのですが(笑)

先日もお話しましたが、私は基本的にとてもズボラです。大雑把です。

先輩スタッフからは、よく、「ざっくりやな~」
とのおホメの言葉を頂いております(笑)

そんな私の性格からすると、フロスやワンタフトは、眼中にないシロモノ
たちです。
が、数年前から、フロスに目覚めました。

子どもが行くついでに、私も歯の定期検診に行くようになって
しばらくした時のこと。再三指導されるフロスの使用を、やっと、
「始めてみよう」と思った時期がありました。

最初は力具合も、持ち方も(糸状のものを使うので)よく分からず、
思考錯誤の連続でした。

自慢にもならないのですが、私の歯はまさに、「複雑に入り組んで」
いるのです。
昔でいえば「八重歯」ちゃん。
80年代のアイドルだったらもてはやされたでしょうが・・・
おっと、年代がバレますね(笑)

ですので、フロスも一筋縄ではいかず、簡単に歯茎に
到達しない箇所もいくつかあるのです。
そんな時には、力を要するので、勢い余ってガーンと歯茎に
突き刺さり、自爆することも多々ありました。

そんなこんなを経て、ようやく慣れたある時、フロス後に
スッキリ感を感じるようになったのです。

おや・・・?こんな糸程度の働きでこうも変わるものか??
と驚きと共にある嬉しさがわいたのを、今でも覚えています。


ワンちゃんも歯みがき?!

カッチリと隙間なく並んで生えている歯ですが、ちゃんと隙間があります。
その隙間の長さ、みなさん、ご想像つきますでしょうか??

単位がセンチやミリでないのは、想像に難くないと思います。

その長さは、ミリより更に一段細かい「マイクロメーター」。
「ミクロン」とも呼ばれる、1ミリの1/1000の世界のものです。

歯と歯の隙間には30~50ミクロンの隙間があると言われているので、
3/100~5/100ミリの隙間がある、と言えます。

と書いても、書いている自分が、その長さのイメージをまったく描けません(^_^;)

想像すらできない、そのミクロンほどの「ちょこ~っと」という長さの世界。
そのほんのわずかな隙間の中で起きた出来事は、私にとっては「スッキリする」
という確かな違いを生んだことは、紛れもない事実なのです。

1ミリにも満たない世界の出来事が、現実を大きく変える。

そういった、「ちょこっと」が変わることへの種になるのは、何もお口の中のこと
だけではありません。

(つづく)