2017-07-03

みなさま、こんにちは。
本日もありがとうございます、ワキノコビトでございます。

7月、また新たな月が始まりました。
おととい月始めの1日には、プレミアムセミナーが、無事開催されました。

ご来場のお客さまをはじめ、会に携わられたみなさまに、主催の和器一同、
大変感謝いたしております。
素晴らしい時間を共に過ごさせていただき、ありがとうございました。

残念ながらご参加出来なかった方のために、当日の様子をちょこっとですが、
ご紹介いたしますね。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ご登壇のトップバッターは、著者の長谷澄夫先生。

長谷澄夫先生

「インストラクターを採用するときにみているのは、「聞く力」があるかどうか」
というお話が、とても印象的でした。

「自分の母親にも「ちゃん聞くように」と怒ります。ボケてほしくないですからね。」

毎度ながら、ものすごい事を長谷先生はスルっとおっしゃいます。
話を聞いて、それを受けてまた話すのと、ただしゃべりまくるのとでは、
脳の使い方が大きく異なる。

身体の隅々まで知り尽くした長谷先生ならではのお話でした。

*-*-*-*

次は、直前に演奏が決定した、鎮魂組曲をプロデュースなさった金大偉さん。

生演奏のみならず、なんと現在制作中の鎮魂組曲Ⅱを、幻想的な映像とともに、
チラリとご紹介もしてくださいました。

また、鎮魂組曲のCDご購入者には、特別にサインを書いてくださり、
握手をされている参加者の方もいらっしゃいましたね。

「音楽によって、精神も癒された状態こそ、真の健康といえるのではないでしょうか」

やわらかい語り口でそう伝えられた言葉や音、それらそのものが、もうすでに
癒しの世界へ誘われているようでした。

*-*-*-*

続いて、みなさまお待ちかね、七沢賢治代表の登壇です。

七沢賢治代表

「初めて明かす甲州流整体術の秘密」
という式次第にある講演内容について、楽しみにしていた和器スタッフが
おりましたが、講演が始まるやいなや、
「そう書いてありますが、その時にはそう思ったのですが…今日は…
そのことを話さないかもしれません(笑)」

と、会場をいきなり笑いの渦に巻き込んでいました。

「手当ては情報である。長谷先生は、重要なことをサラっと言われるんですね」
と長谷先生のお話を七沢代表の言葉で改めて説明されました。

*-*-*-*

最後にトリを務められたのは、大人気講師の大野靖志さん。

大野靖志さん

タイトルは「身近なところに潜む妖怪の話」。
妖怪にとりつかれないためのワンポイントレッスンをお話くださいました。

「こうと決める。意思ではなく意志を出す」。

妖怪の一番の入りやすい「不安」という状況を作らないための方法でもある
とのことでした。

その他、物販ブースでは弊社書籍に加え、ロゴストロン製品の体験、
別天水の試飲、そして和整体学院のご案内などをいたしました。

*-*-*-*

ご来場のみなさま、当日はお楽しみいただけたでしょうか?

お帰りのお客さまをお見送りをしたスタッフからは、
「会場を後にするその表情から、きっと満足していただけたのだな、と感じました」
との声もあり、大変嬉しい気持ちと、安堵の気持ちで一杯でございます。

今後もみなさまのお役立てとなるよう、幅広い分野から「和の叡智」を言霊学を
中心に書籍を通じてお伝えさせていただき、またその研鑽にと励んで参ります。

弊社ならびに弊著へのご愛好のほど、どうぞよろしくお願いいたします。