2017-12-01

◆金大偉さんコンサート◆

7月1日の、プレミアム健康セミナーでも
演奏をなさった、金大偉さん。

ロゴフェスでも、拍手喝采の
すばらしい演奏でした。

全身全霊から生まれ出でてくるのであろう、あの音は、
金さんの、華奢なお身体とやわらかな物腰からは
とても想像ができないほどの、
腹の底から響くような強さを、毎回私は感じています。

「流行りの、売れるようなメロディを駆使した音楽は
やりたくないんです。」

演奏後に、少しだけ金さんとお話させていただいた時に、
そう語ってくださいました。

金さんといえば、『ロスト・マンチュリア・サマン
の映画が、昨年大変話題になりましたね。

失われゆく満族薩滿(サマン)、失われゆく満洲言語
失われゆく文明の悲しみ…
それらを映画化したものです。

金さんから奏でられる音には、
そういった、文明が失われゆくというものを、
実際に肌で感じているところから生み出されていく、
悲しみや苦しみとともに、その先にある、
内なる叫び・・・

叫びといっても、悲痛な叫びだけではなく、
何かを訴えるような、かといって、
押し付けてくるようなものではなく、
意志を、強い意志を、誰かに、といっても人ではなく、
何か、多方面に、多重層に、
現在過去未来のすべての何かに、
なげきとともに、強い意志をぶつけているような、
そんな、悲しさと強さがあって、
気がつくと、グッと引き込まれているのです。

右手に弓がありません。激しさがこの先
どんどん増していきます。

そうかと思うと、お話をしていると
まるで演奏している人と同一人物とは思えないほど、
中性的な、清らかな、やさしさと繊細さが
ひしひしと伝わってくる金さん。

演奏もお人柄も、魅力が満載♪
金さんの演奏を、またぜひ、生で聴きたいです。