2018-02-20

椅子を見て大発見をした、
ワキノコビトでございます。

まだの方は、前編をご覧くださいね。

ご存知の方も多いと思いますが、
弊社グループ代表の七沢賢治は、
「名づけ」の達人です。

先日も、機械の神様、ということで、
「天機置神(あめのはたおかしのかみ)」
という名を創り出しました。

代表は以前、毎朝の講和で、
こんな話もしていました。

****************************

「言葉をあげておいて、そこでその概念が
広がっていくという方法をとっているわけですね。

それを時間の軸を逆にしたりして、振っているわけですね。

ただ祓うというのは、取るという意味だけではないですね。
いっぱいにするという意味もあります。

時間でも空間でも広げたり、いっぱいにするという意味があります。
概念をいっぱいにしていくと具体的な事実になっていくと。」

****************************

まず言葉(名前)を挙げておくと、
そこに概念が集まってくる、
それが事実となってくる、
そのように私は解釈しましたが、
みなさんは、いかがでしょうか。

そこで、「椅子」に戻りましょう。

椅子にも、もとは名前はなかった。

昔々の大昔には、「椅子」というものすら
なかったでしょう。

思い出してみれば、私のおばあちゃんは、
「椅子」ではなく「腰かけ」と
言っていました。

そうすると、「腰かけ」の前にも
「椅子」を指す言葉(名前)が
あったとの予想もできますね。

その前の前の、ず~っと前には、
腰をかけるような概念すらなかった、
のかもしれません。

みんな、地べたに座っているのが当たり前だったら、
椅子なんて必要ありませんものね。

そうです。
存在が必要がなければ、概念などあるはずがありません。

あら、どこまでいってしまったのか。
少し戻りましょう。

「腰かけ」と言っていたおばあちゃんにとっては、
私が「椅子」と言っているものは
「椅子」ではなかった、とも言えますね。

そのように考えてみると、
私の目の前にあるもの全ても、
見方によっては、
「そうではなくなる」
のです。

そうなのだ。

「椅子は椅子ではない!
椅子と名付けられただけなのだ。」

と思った瞬間、私は、他の物全ても、
私がそう思っているものではない、のかも!
と思ったのです。

それは、とても自由な感覚でした。

ワタシですら、私が思っている私ではない、
かもしれない、ということ。

「私も空も飛べるカモ?!」
なんて思ってもいいんだ♪というような。

無邪気な、子どもの思いに
素直になれたような気がしたのでした。