2018-02-27

前回の椅子の話とも関係するのですが、
以前、「階段のぼり」のことについて
書きました。

まだの方はコチラ→→<前編><後編

椅子からの気付きで、意識の有り方に
また少し変化のあった私は、
久々にそれを階段のぼりに
活用してみようと思ったのです。

私にとっての階段のぼりは、もう
「のぼる」ことではなく、
もはや、「足置き」と化しています(笑)

一段一段、足を置くのです。

それだけで、かなりの軽快度となります。
「なわけない!」
と思ったあなた、ぜひお試しを。

実験開始!

さて、その実験。内容は、
「意識の方向を変えてのぼる」。

方法は、

①上の方を見上げ、意識もそちらに
もっていきながら、のぼるのと、
②のぼってる足が見える辺りの階段を
見ながら、下に意識をもっていってのぼる。

の2本立てです。

コレですね~、
やっぱり違うんですね~、おもしろい!

①は軽く、②は重く感じるのです。

なんなんでしょう、コレは。

同じ体重の私(キロ数省略)が、
同じ階段の数段違い、というだけで、
その意識の向け方だけで、
身体にかかる重さに違いを感じる。

上を向けば、上に引っ張られるようで、
軽く感じ、
下を向けば下に引っ張られるようで
重く感じる。

向ける意識の方向にもエネルギーが
出てるような、そんな感じです。

 

もしや・・・

 

これが・・・

 

あの・・・

 

「重力波」?!

 

重力波については、情報誌vol.14の和器なる書評にも
書かれておりますので、ぜひご覧くださいね。