Water Cover

 

  地球から生命まで、
「世界のすべて」をデザインしてきたのは
「水」なのかもしれない・・・・・・!

地球はなぜ水の惑星と呼ばれるのか? 
なぜ人体を含む生命体に水は不可欠なのか?
古来、世界中で探求が続けられてきた「水」の研究がいま、環境と生命の関係を問う視点から、
新たな発展段階を迎えています。

「水とは地球、そして生命にとってどんな意味を持つものなのか?」という古くて新しい、
そして謎に満ちた問いが本書のメインテーマ。
多層的に語られていく水をめぐる宇宙史・地球史・人類史を読み進むにつれ、
水の起源から水の未来までが一望のもとに現れてきます。

科学的見地から見た水についてはもちろんのこと、 神話における水の姿や、

一般書としては初めて日本古来の神事(白川伯家神道)と水の関係も解説され、
水をめぐる文化史にも触れることができます。

水の研究に興味のある方はもちろんのこと、美味しい水や健康にいい水等々、

日常生活の中で水に興味を持つ多くの方にもおすすめできる一冊です。

〇目次
第一章 水の祭祀・・・・・・・・・・・・・神話における水、宮中祭祀における天皇と水の関係、水に関連した祝詞等
第二章 水の起源・・・・・・・・・・・・・最新の宇宙論から見る宇宙の始まりから水が誕生するまでの過程
第三章 生命と水・・・・・・・・・・・・・地球上の生物の進化と水の関係、生物体内での水の役割等
第四章 水の科学・・・・・・・・・・・・・数百年の化学の成果から見る水の性質とその測定方法
第五章 新しい水の科学・・・・・・「水が情報を記憶する」という仮説と実験の紹介
第六章 機能水・活性水・・・・・・・ミネラルウォーター、電解水、オゾン水など様々な性質を持つ水の解説
第七章 ウォーターデザイン・・・水のデザインという観点から広がる、人と水の在り方の将来展望

●著者プロフィール
久保田昌治(くぼた しょうじ)
1936年生まれ。理学博士。東北大学理学部卒、同大大学院理学研究科修士課程修了。(株)日立製作所日立研究所主任研究員を経て現在は(株)ウォーターデザイン研究所所長他を務める。水の研究の第一人者であり、水の活性化メカニズムの研究や活性水・機能水の評価および利用法の開発等を主に行っている。『〝驚異の水〟ロックウォーター』、『水の総合辞典』 など編著、監修書多数。
七沢研究所(ななさわけんきゅうじょ)
古来から日本文化の深層を形成してきた実践的な知の体系である「和学」と、最新の科学・人文諸分野との統合を目指して2000年に設立。意識・情報・エネルギーなど、従来の科学の枠組を超えた視座を研究の基点に置き、古代の神道の行法における意識状態の変容から、次世代の水(別天水3.0・4.0)の研究開発まで幅広い研究テーマに取り組んでいる。

●監修者プロフィール
七沢賢治(ななさわ けんじ)
1947年山梨県甲府市生まれ。早稲田大学卒業。大正大学大学院文学研究科博士課程修了。文明の転換期に向け、言語エネルギーのデジタル化によるシステムの開発に携わる。現在、白川学館代表理事、株式会社七沢研究所 代表取締役等を務めている。『なぜ、日本人はうまくいくのか? 日本語と日本文化に内在された知識模式化技術』『神道から観たヘブライ研究三部書』等、監修書・著書多数。