こんにちは。

前回の続きになりますが、甲野陽紀さんの講座についてお話ししたいと思います。

今回、小刻みに指先を動かすことと、同調について学ばせてもらいました。

やり方は、指先を親指も含めて小刻みに2.3ミリ動かすだけです。

この状態で2人1組で互いに押し合い、踏ん張ったところ、通常の状態と指先を
小刻みに動かした状態では、小刻みに動かした方が圧倒的に身体が安定するのです。

しかし、不思議なことに力を入れたという体感はなく、最小の力で最大限のパフォーマンス
ができるという感覚でした。

1時間ほどのセミナーでしたが、受ける前の自分と受けた後の自分では、
身体の動かし方や力の入れ具合など、感じ方や動き方も変わっていました。

今まで筋肉などを緊張させ、体に疲労が残ることが、体の力を活かしている状態だと
思っていましたが、ほんの少しの工夫と注意を向けることが無駄なく体の力を活かすコツ
だと知ることができました。

私たちはふだん当たり前のように身体を使い、生きています。
ですが、注意を変え、細部に注意を向けることで身体の負担や、もしかしたら生き方でさえ
変わるのかもしれない。そんなことも考えさせられました。

驚く身体の秘密が11月11日に本になって発売されます。

いままで陽紀さんが研究してきた身体の秘密がたくさん載っており、実践できることはもちろん、
何故そうなるのかの理由も知ることができます。

11月4日には甲野陽紀さんを招いて出版講演会を行いますので是非お越しください。

今回甲野陽紀さんにインタビューさせてもらった内容は後日掲載させていただきます。

どうぞお楽しみに!

(氣子)