11月24日(土)、第三回「わき道」を開催いたしました。

今回のタイトルは、
「言霊と筆霊の出会い」

ゲストのお一人である言霊学の第一人者、七沢賢治先生に
その名をつけていただきました。


七沢賢治先生。右手奥にお座りなのが森岡恒舟先生。

会は、筆跡筆相鑑定のパイオニア、森岡恒舟先生のご紹介を
七沢先生にしていただくところから始まりました。

その後森岡先生にバトンが受け渡され、
お二人の対談へ。


森岡恒舟先生

対談の中で七沢先生は、森岡先生に文字を診断してもらい、
どこをどのように直したよいのかをアドバイスされ、
実際にそのように書く練習もなさっているという
こともお話されていました。

言われたように練習をしてみると、環境もさまざまと
変化してきて、結果的に大きな「決断」ができた
とも言われていました。

森岡先生から出るお話は驚くことが多く、

〇病気とも連動している筆跡
→筆跡を変えると体調にも変化が

〇筆跡は深層心理が現れる
→筆跡を変えると性格も変わる
—大人しかったあの子がパーティクイーンに?!

→職種によって筆跡の傾向がある
—人の意見を受け入れない筆相は職人肌?!
—「ねばならぬ」の筆相は警備向き?!
—おしとやかでも隠せない「スター性」筆跡

などなど、興味の尽きないお話ばかり。
会場からもそのたびに、どよめきが起こりました。

参加者の方に実際に書いていただき、
その場での診断もしていただきました。


書いたのは「様」の文字。


「森岡先生に見られていると書きずらいですなぁ」と七沢先生。

名づけの天才の七沢先生は、最後のお話で森岡先生を、

「草分け大明神、その中身は火之迦具土神」

といわれていました。

タイトルの通り、言霊と筆霊が初めて出会う瞬間
だったのかもしれない、と感じた一日でした。