4/6(日)、霞が関イイノホールにて、NPO法人薬害研究センター(理事長 内海聡先生)主催の伝統医療シンポジウム ~心と体の健康のための伝統医学~が開催されました。

パネリストは3名。
モンゴル国の伝統医療の最高位の医師であり、 国民的英雄のDr.ハンバラマ D・ナツァグドルジ氏に、抗ウイルス効果・ホルモン作用があるといわれるタンポポ、その研究の第一人者、邵輝先生、そして石原鍼灸院院長で『いのちの仕組み』の著者である石原克己先生。

弊社スタッフも、ダンボールいっぱいの『いのちの仕組み』をひと箱携えて、会場にて販売をさせていただきました。


奥の窓からは日比谷公園が一望できる絶好のロケーション。
机の下にチラリと見えるダンボールに本が詰まっています。

開場前に、石原克己先生、小池俊治先生が登場。
看板娘?さながら、販売ブースに一緒にいていただきました。

開場が始まると先生をご存知の参加者の方が何人も駆け寄っていらっしゃいました。
著者が目の前に……となると当然……


「先生、一緒にお写真を」サイン入り本を手にして
参加者の方とツーショットの石原先生

開宴前にすでに10冊以上、あっという間にお買い上げいただきました。

会は前半は3人のパネリストの方が、Dr.ハンバラマ D・ナツァグドルジ氏を中心にそれぞれ講演され、後半では内海先生のナビゲートのもとにシンポジウム。

石原先生の講和には、もちろん『いのちの仕組み』に書かれている内容も多く語られていました。

シンポジウムに入る前に休憩時間がありました。石原先生のご登壇の後です。

「ただいまご登壇の石原克己先生の最新刊はこちらでーす!」

スタッフ、精いっぱいのアピール。ここを逃していつ宣伝する??といわんばかりに声をはりあげました。


販売ブースで守り神役?をしていただいた小池先生

おかげさまで、書籍は完売!本がぎっしりつまっていたダンボールはカラッポに。

下の写真は会終了後、撤収時間が迫る中の一コマです。


どこかでサインをもらえるという情報が伝わったのか行列が……


「御写真、HPに載せても大丈夫ですか?」「もちろん~!」
この日は終始、石原先生の周りにはキレイな女性がたくさんいたような……

石原先生の「いちばん伝えたいこと」が詰まっている『いのちの仕組み』。
より多くの方にお届けできたことが、スタッフ一同なによりのよろこびです。
応援、ご賛同くださり、ありがとうございました。

お読みになった感想なども、どうぞお寄せください。お待ちしております。
info@wakishp.com