皆様、お待たせいたしました。11月5日、情報誌「WAKI」Vol. 4を発行致しました。

前号は、「縄文人は、 祈りと感謝の精神文化を頑なに守り続けて、1万年もの長きにわたって自然循環型文明を築きあげてきた。」というタイトルで、縄文文明のありようを特集致しました。今回の特集は「一万年以上も続いた縄文社会が、終焉を迎えるときがきた。そして同じ頃、古代イオニア社会も終焉を迎えた」です。

縄文時代晩期に北半球を襲った気候の寒冷化。そこから何が起こったか?
「記紀(古事記・日本書紀)」を「縄文から弥生時代、さらに古墳時代にいたる物語」と見なす仮説も紹介しながら、縄文晩期以後の社会を概説します。

連載「言霊学とは何か・言霊百神と古事記」「言霊よもやま話・猿蟹合戦とバベルの塔の神話は、同じ物語だった」も必見です。是非ダウンロードして、ご覧ください。

情報誌のダウンロードはこちらから»

※閲覧をご希望の方は、会員登録(無料)が必要です。