七沢研究所との共同研究を通じて<和整体>の体系化と、世界への普及に取り組んでいらっしゃる長谷澄夫先生。

昨年、七沢研究所グループで「和の健康法則」をテーマに、一線で活躍されていらっしゃる治療家・身体技法家の連続セミナーを行いました。そこで、長谷澄夫先生をご存じの方も多いのではと思っております。

長谷澄夫先生は、20年間で25万人の臨床経験ののち、”治療家のための治療家”として、1000人以上の治療家の指導・育成に携わられてきました。アトピー、不妊症、自律神経失調症、うつ病、成長障害などに悩むクライアントや治療家を対象に本物の技術をお伝えすべく『長谷澄夫の整体スクール』を主宰されてきました。

この度、『長谷澄夫の整体スクール』は、『長谷澄夫の整体スクール 和整體(わせいたい)学院』(略 和整體学院)に名称を変更して、東京、そして新たに名古屋でも開講します。

このタイミングで、弊社より、長谷澄夫著『なぜ母親は、子どもにとって最高の治療家になれるのか?』を刊行致します。

長年の臨床経験や、大学などとの研究提携に裏打ちされた著者独自の健康哲学と<和整体>について情報公開するのは、本書が初めての試みで、読者の皆様は、今も昔も変わらない根源的な健康法則に触れることができるでしょう。

3月16日(木)には、Amazonで販売開始の予定です。
3月17日(金)には、お取引いただいている書店様の店頭に並ぶ予定です。

そして、<和整体>を世界に発信することを目指しての『和整體学院』としての再出発、著者初めての一般読者向け著書の刊行を記念して、著者サイン入り本を先着50名様限定で、ご提供致します。ご希望の方は、以下のサイトよりお申し込みください。(商品の発送は、3月16日(木)となります。)
https://wakishp.official.ec/items/5730304

弊社では、日本全国の子どもを持つ母親に、この『なぜ母親は、子どもにとって最高の治療家になれるのか?』が読まれることで、子どもの健康はもちろんのこと、母親の健康、その家族、親類縁者の健康、日本全国の老若男女が健康であり続けることを願っています。

書籍のご注文はこちら